ロールスクリーンの生地交換とメンテナンス

ぐるぐる@店長です。

 

カーテンを新しくしたいとご連絡いただいたMさま邸にお伺いしました。

ガレージから庭に入る引き戸を引くと、緑色のものが出たり入ったり!何かと思ってよく見ると、隙間に隠れていたアマガエルです

いきなりのお出迎えにちょっとびっくりしながらお家の中へ。二世帯住宅でお住まいのMさま、ご両親の方もご相談があるとのことでまずはそちらにお邪魔します。

ご新築時につけたロールスクリーンに汚れが目立ってきたので新しくしたいとのことなのですが、そこまで古いものではなさそうです。もしかしたら生地交換できるかも?と思ったので、本体のメンテナンスシールを確認しメーカーに問い合わせたところOK!との返事

メーカー商品のスクリーンなどメカものにはこのようなシールが貼ってあり、ここから製作年やサイズ、仕様などが全てわかるようになっています。

今回は生地交換でのご注文を頂きました!

 

お父様はもう一つ気になることがある、というので一緒に寝室へ。小窓についたシェードのコードを指して「この部品が割れているんだけど、ホームセンターやらあちこち探したけど売ってないんだよ」とのこと。

これは小さいお子様などが首をひっかけた時にコードが離れるようになっている「セーフティジョイント」です。これはさすがに小売りはしていないと思います

あちこち探して、なんと購入したところにも問い合わせたのに「ない」と言われたとのこと…それはいけません

お買い上げいただいたのであれば最後までお付き合いするのがお店としての責任ですでも結局対応してくれないのであれば他に言うしかないですよね…

今回は他のご注文も頂きましたので特別にこちらでご用意することにしましたやっぱりメンテナンスが出来るところじゃないとご不便があるなと実感した出来事でした

壁紙の貼り替え、承りました!

ぐるぐる@店長です。

以前から御贔屓に頂いておりますOさま。先日は14年前にご注文頂きましたプリーツスクリーンをご新調くださったのですが、この度は壁紙の貼り替えをご依頼頂きました!

Oさまのお宅は少し和風のテイストもある素敵なお家で、壁紙は当時の工務店さんからお勧めされた紙の壁紙を貼っておられたのですが、汚れた時に水拭きできないことがご不便だったそうで

また、天井には織物クロスを使用されていたためそちらにもほこりが付きやすく、お掃除にもお手間がかかっていたそうなのです

今回はリビング・キッチン・廊下から階段にかけてのクロスを貼り替えることになりました

まずは生活されるのにお困りにならないようリビングからスタート!天井の壁紙をはがしていきます。壁は紙クロスできれいにはがれない可能性があるので、今回はその上に直接施工することに(きれいにはがれないと後からクロスを貼った時に下の凸凹が浮き上がって見える可能性があるので)

以前の壁紙は経年で色が変わってしまっていたことと、キッチンからの油やおタバコの煙でも変色が進んでいました。これはお打ち合わせ時に撮らせていただいたものです。

天井は真っ白ではないですが以前のものよりはかなり明るいホワイトで、壁は明るめのベージュにしましたよキッチン側の一面はアクセントでモダンな柄物クロスを採用です

 

お部屋が落ち着いたら改めてお写真を撮らせていただこうと思っているので今日はここまでのご紹介です!次回は廊下部分の様子を少しだけご紹介します

メンテナンス

こんにちは、あにんつです。

先日、ロールスクリーンのメンテナンス作業のため県南の阿南市に行って来ました

ロールスクリーンのチェーンが巻き上がらないという事でしたので、部品を交換しました。

カーテンコールでは、ご購入後のアフターフォローもきちんと対応せて頂きます

シェードは生地交換出来ますよ

こんにちは、あにんつです。

 

小窓や出窓によく使われている、プレーンシェードやバルーンシェード。

古くなってきたら生地交換が出来ますよ!

機械はそのままで、生地だけ変えたらとってもリフレッシュできるのでおすすめです

 

コードや部品などが古くなっていれば部品の交換も必要ですが、メーカー品であればだいたいのものはご用意できますので、気になっている方はぜひご相談下さいね。

房タッセルの修理

ぐるぐる@店長です。

6年前にご注文頂きましたOさまより、ハニカムスクリーンのコード切れで修理のご依頼を頂きました。

お電話でもお聞きしていたのですが、同時にご購入頂いた房タッセルが壊れてしまったので、少しでも修理が出来れば…とのご相談も受け、お伺いしたスタッフが持ち帰ってきました。東リが販売していたタッセルですが、コードがほどけてしまい使えない状態に…

実はご購入後早い段階でこのようになってしまい、以前にもご相談頂いたのですがやはり元々がデリケートな商品ですので、使用頻度が高かったりすると傷みも早くなってしまうかもしれません

とても気に入っているので、何とか使える状態にならないか?とのことだったのですが傷みが激しく修理は難しいかと思っていました。

しかし…どうせダメになるのならダメもとで(申し訳ありません)触ってみようと思い、修理に挑戦!奮闘すること約一時間。何とか使える状態に戻りました!

私の手作業ですのでそんなにキレイな仕上がりではないのですがまたほどけないように、見えないところで糸で縫い止め、きつめにコードを巻き付けました。

タッセル2本(ループ部は4つ)のうち、完全にダメになってしまっていたものが真ん中の2本です。一番上は当初のままのもの。一番下はお客様が修理をされていたようで、こちらでは触りませんでした。

Oさまにはご新築の際にご注文頂きましたので、これは当店からのサービスとさせて頂きました

出来る限り、お客様のご希望には添うよう努力していきたいと思います!

シェードのボールチェーンの破損

ぐるぐる@店長です。

昨年ご注文頂きましたお客様よりお電話がありました。シェードが途中から上がらなくなってしまったとのこと。まだ一年ほどしか経っていないのに…ふと頭をよぎったのは今年同じ症状でお伺いしたお客様のことです。

シェードのボールチェーン交換!

ひょっとして同じことになっているのではと思いつつすぐにお伺い!拝見するとやはりボールが欠けているところがありましたよく見るとコード部分がささくれていたり、ボールが半分に欠けてしまっているところも。

幸い元のチェーンの長さが短く、手持ちの余っていたもので間に合いそうだったので、すぐに交換することが出来ました!

原因はベランダへ出る掃出窓の開け閉めの際に挟んでしまったか、もしくは窓下に置いているケージからワンちゃんが背伸びして噛んでしまったかワンちゃんは当時子犬だったようですが成長して届くようになってしまったのかもしれませんね

窓に挟んで破損してしまわないよう、お客様への注意喚起もしていかなくてはいけないと改めて思いました

シェードが下がらない!

ぐるぐる@店長です。

14年前にご注文頂きましたNさま。当時のコード式のシェードの調子が悪くなりストッパー交換をしたのが2年前なのですが、再びお電話があり、今度は降りてこないとのこと。

2年前に交換しているのに不具合とは…もしかしたらストッパーが悪いのではなくコードかもしれないと思い、念のため新品のストッパーとコードを持参しました

現地で操作してみると、確かに下がりません。特に左端のコードが引っかかっているようです。

まずは外してストッパーの中を確認。するとまだ2年しか経っていないのに中に埃がいっぱいたまっています。ホジホジすると塊が出てきました

原因はこれです。埃が大きなゴミになり、詰まってしまって正常な動作を妨げていたのです。その埃がどこから来たのかと言うと…これです。

コードが劣化し、モソモソとなったところがストッパーの中に溜まっていったのです。コードがこのようになっていたのは南向きのこのシェードだけでした。

これではストッパーだけを替えても意味が無いので、Nさまのご了解を得てコードも全て交換。すると全く問題なく動作するようになりました

Nさまには当店でご購入頂いているので、今回の出張費は無料部品代とコード代を実費として頂いただけなので、2,000円未満でしたよ

カーテン・メカものはメンテナンスが大事です!どこで買っても商品は同じかもしれませんが、5年後10年後に壊れて困ってしまうことも!

カーテンコールは売りっぱなしではありませんメンテナンスももちろんお任せ下さい

止まらなくなったシェードの修理

ぐるぐる@店長です。

9年前にご注文頂きましたIさまより、ツインシェードのドレープ側(厚手の方)が止まらなくなったので修理してほしいとお電話がありました。

お伺いするとお話のとおり、全く止まらなくなってしまっていました。この場合はこの操作部を交換する必要がありますが、当店には在庫がない商品なのでメーカーから取り寄せることに。

しかしすでに連休に入ってしまいメーカーはお休み。しかも部品類の出荷まで2日かかるため、連休明けまで交換が出来ません

幸いお客様はお待ち下さるとのことで良かったのですが、部品の取り寄せに時間がかかるだけでなく私たちもすぐお伺い出来ないことがありますので、もしご来客などのご予定に合わせて間に合わせたい場合は早めのご連絡をお願い致します!

ロールスクリーンの修理

ぐるぐる@店長です。

2月にロールスクリーンをお納めしました飲食店様よりSOSが入りました

お客様が店内を移動中にバランスを崩し、たまたま横にあったロールスクリーンにしがみついてしまい破損してしまったとのこと

お電話を頂いたのがちょうど週末の開店前だったので、急いで電動ドライバーを持ち、すぐに駆けつけました。

スクリーンは思った以上に破損がひどく、お預かりするほかありません

ちょうど客席の目隠しとなっていたスクリーンなので無いと困る、とのことでしたので、取り急ぎ他の窓に付いている別のスクリーンを移動させることに。破損したスクリーンは取り付けていた金具ごと取れてしまっていたので、再度取り付け工事となりました。

持ち帰って詳しく調べたところ、落ちた衝撃で操作部分も曲がって動かなくなっていたり、プラスチック部品も割れていたりと、スクリーン以外のところも損傷がみられました。

直るかどうか心配だったのですが、メーカーさんに確認してもらったところ直りそうとのことで私も一安心しました