カーテンコール|徳島市のオーダーカーテン専門店

調光ロールスクリーン

調光ロールスクリーン

一台で全開・全閉と調光が出来るロールスクリーンです。巻き上げ時はすっきりコンパクトでありながら、これ一台で明るさや視界の調節が出来るので便利です。

当店の施工例はこちら

生地の種類

  • 通常の厚さ(ミディアム)
  • 遮光タイプ
  • 模様がプリントされたデザインタイプ
  • 市松柄や格子柄の模様が織られたタイプ

仕様(メーカーにより異なる)

  • ボーダー柄のスクリーンを重ね合わせ、それらをずらすことで調光する
  • 二重になった薄い生地の間に厚い生地が織り込まれており、この厚い生地の傾き度合いで調光する

操作タイプ

  • チェーン式
  • ループコード式
  • 電動式

基本的にはロールスクリーンとほぼ同じ構造ですがプルコード式はありません。チェーン式とループコード式はよく似た操作方法です。電動式は別売りの時計を使うとタイマーで開閉が可能です。

最近の住宅で多いのが、細長いスリット窓。ロールスクリーンは巻き上げる時に巻きズレ(まっすぐ巻き取れず途中から斜めに巻き取ってしまう症状)を起こす場合があり、これを防ぐために極端に細長い製品は作れないよう各メーカーとも縦横の比率で制限を設けています。作れない場合は他の製品を検討しましょう。

窓枠の中にロールスクリーンを付けると左右の隙間が目立ってしまう場合があります。ロールスクリーンは製品の幅よりも生地が細くなる為、窓枠の中に取り付けた場合 左右にそれぞれ1.3センチや1.9センチといった隙間が必ず出来ます(メーカー、仕様によって隙間の大きさは変わります)
スクリーンの幅が160センチの製品と60センチの製品ではその隙間の感じ方に大きな違いがあり、スクリーン幅の細い製品の方がより隙間が大きく感じられるので注意が必要です。

よくあるご質問

窓枠の外側につける?内側につける?

どちらにも付けられますが、上記の注意点のように窓枠の内側につける場合は隙間が目立つことがあるので気を付けましょう。窓枠ごと覆いたい場合は外側に取り付けます。
また、窓の近くにクローゼットの扉など干渉するものがある場合はロールスクリーンを窓枠の内側につけるとかわすことが可能です。

当店の施工例