ぐるぐる@店長です。

 

いつもご贔屓に頂いておりますホテル様より、お部屋の改装をご依頼

頂きました 元々は岩盤浴のお店を運営しておられたところなのですが、

和室の大広間に改装することに。

二つある窓は西向きなので夏場は暑くなることが予想され、お客様も

そのことはご存知でしたので、ご相談の上遮光カーテンをお納めしました

こちらはスミノエの遮光生地。大柄な〇模様は和室にも合うテイストなので

かっこいい雰囲気になりました

実はこちらの窓、右側から壁がかぶってしまったため窓ガラスのセンターが

ずれているんです。

なのでちょうどサッシのところに中心の合わせ部分がくるように左右の幅を

違えてお作りしました。束ねた時も少しボリュームが違ってしまいますが、

西日の光漏れを少なくするためにこの方法となりました。

そんなに違和感もないですねお客様にもとても気に入っていただけ

ましたありがとうございました

こんいちは、えんじです

店内のディスプレイが変わりました以前ブログでカタログをご紹介したVILLANOVAの絵本作家の方がデザインした新作コレクションです

店内入口に飾ってあります

カタログもお客様の目に留まってよく見て頂いておりますとっても可愛いです

一枚の絵のようになっている生地はカーテンにするならフラットカーテンが柄が見えて可愛いだろうなと考えております

仮のお見積もりに入れることも可能です是非カタログを開けて見て下さい

こんにちは、あにんつです。

今日は、無地のドレープカーテンを紹介します。色は、ホワイトです。

ドレープカーテン:カーテンコールオリジナル

 

光を受けてヨコ糸がランダムに反射する生地です。なので、無地ですが表情があります。ナチュラルやシンプル、モダンいろいろなスタイルに合わせる事が出来ますよ😄

色は、全部で3色あります

 

 

ぐるぐる@店長です。

 

ちょっと変わったバーチカルブラインド、「Suave(スアベ)」のサンプルが

届きましたよ

まだ見たことがない!という方もきっとたくさんおられると思いますが、これは

カタログや写真で見るより実物をぜひ見て頂きたい商品なのです

スアベはバーチカルブラインドのようなスッキリ感もありながら、羽根と羽根の

間のレース生地が柔らかな印象を醸し出す、ちょっと不思議な商品です。

室内から見たところはこちら。

レース部分は厚すぎず薄すぎず、外もほどよく見えますねレースカーテンのような

柔らかな印象もありますよ

外から見るとこんな感じです。こちらもほどよく遮蔽してくれています。

普通のバーチカルブラインドと同じように羽根の角度が変えられるので、夜になったら

羽根を倒して中が見えないようにします。

とにかく透明感もあり、スッキリ感もあり。比較的男性に好まれるバーチカルブラインド

ですが、これなら女性でも気に入って頂けそうです

今度は動画でもご紹介しますよ~!

こんにちは、えんじです

先日ご採寸にお伺いしたお客様がカーテンを決めに来て下さいました

まだハッキリとはイメージが出来ていないと言う事でしたので、色々と見てお好きなお色などでお選び頂き、店内で見ただけでは雰囲気がよくわかりませんのでまた後日家にお持ちして見て頂く事に致しました

カーテン生地も気に入って頂けるものがありましたのでそちらの種類の色違いをまたお持ちさせて頂きます

お店で気に入って頂いた色とはまた違うお色がしっくりくるかもしれませんのでお部屋で見て頂くのも楽しみです

こんにちは、あにんつです。

横に長い窓のカフェカーテンです。レースだけの窓なので、デザインしたカフェカーテンをご提案させて頂きました。トップはバランス仕様です

 

バランスの生地をクシュッとパフのようにスタイリングしています。可愛いですね生地を二重にしてるから出来るんですよ

 

ぐるぐる@店長です。

 

1月に行った視察旅行、今回はパリ市内から少し離れた会場で

開催されていた「メゾン・エ・オブジェ」をご紹介しますね!

 

メゾン・エ・オブジェはインテリアとデザインの大きな展示会です。

会場内はとっても広く(といってもドイツの展示会の方はさらに

大きな会場なのですが)私は仕事の都合で一日しかこちらの会場へは

行けなかったので、何とか一日でだいたいのところを見るために

速足で回ってきました

どのブースも個性的にコーディネートされていて、しかしトレンドも

意識しているのがよく分かります。

個性的なランプシェードがたくさん。この上の一枚はちょっと日本風の

デザインも感じさせますね。

こちらのソファや椅子は、いまや珍しくなくなったデジタルプリント

で柄を印刷した生地が張られています!とてもリアルな柄が再現できる

のが特徴ですよ

今年よく見かけたのはこのブルーグリーン系のお色です。深緑、という

感じでしょうか。トレンドカラーなのかもしれません

 

メゾンの様子は引き続きご紹介しますね!

こんにちは、えんじです

1部屋の掃出窓と出窓の掛け替えのカーテンをお考えのお客様にご来店頂きました

今使われているカーテンはオーダーではないものだそうで、サイズが合っていないのが気になってきたと言う事で掛け替えのカーテンを見に来て頂きました

柄物にするか無地にするかで悩まれておりましたが、あまり派手なものも…と、言う事でしたのでその時気に入られたレースカーテンが刺繍のものでしたので、お部屋側にレースカーテンを持ってきて、厚地のドレープカーテンを窓側にするフロントレーススタイルをご提案させて頂きました

よくお友達も集まられるようで、今までと違ったスタイルにするのも面白いかも、と、言う事でフロントレーススタイルを採用して頂きました

長さを同じにしておけばそのスタイルに飽きてしまった時には逆に掛け替えて楽しむこともできますので長く楽しめるのではないかと思います

また採寸は後日となりましたのでその時にお部屋の雰囲気と合うかも見て頂こうと思います

 

カーテンも様々なスタイルがありますので色々なものをご提案、施工出来るように私も沢山勉強して行きます

こんにちは、あにんつです。

無地と言っても、素材や糸の太さ、織り方でいろいろな生地があります。(お店には、他にもたくさんサンプルがありますよ)

同じ色でも、生地のファブリック感でカーテンの表情が変わります。=部屋の雰囲気も変わってきます。なので、無地のカーテンを選ぶ時はファブリック感が大事になってくるのですどんな生地を選べば分からない?そんな時は、ご相談くださいね。窓装飾プランナーの私たちが、いろんなコーディネートをご提案いたします

 

 

ぐるぐる@店長です。

 

初日に回ったデコオフ。午前中は当店取り扱いブランドの「VILLANOVA」へ

行きましたが、午後からは他のブランドの展示を見て回ります。

一部のブランドは担当者が直接説明してくれるプレゼンテーションがあり、

私もそちらに参加しました

こちらはスペインのブランド「GASTON DANIELA」です。デザインを

担当した女性が、どんなことをイメージしてデザインしたか、何を

インスパイアしたものなのかを丁寧に説明してくれます。

一番印象的だったのはこちら!この壁画のようなデザインは、ペルーの

お葬式の様子を絵で表したものをモチーフに作られたそう。

 

続いてはアメリカの「kravet」です。古いデザイン画を使い、少し今風に

アレンジして生地を作ったと説明してくれました。

手に持っているのは古い昔の生地で、こちらもそれを基にして今風に

アレンジしたそう。

 

さらに移動して、今度はこちら。Style Librarytという会社で、こちら

ではSanderson、Harlequin、Scion、Morris&co.といったブランドを

扱っています。こちらでも説明を聞きに来ていたたくさんの日本人の

方たちと一緒に、今シーズンのコレクションについて説明してもらいます。

どのブランドもそれぞれの方向性で、独自のデザインです。こうやって

見ているとそれぞれが全く違うデザインを発表していて、それでも

どこかには今年のトレンドを意識したものも感じられたり。

全て見て回るにはとても時間が足りなかったのですがどこを見ても

目を引く生地ばかりでした当店でも取り扱えるブランドもたくさん

ありますので、気になった方はお問い合わせ下さいね!