どんなカーテンが良いの?

こんにちは、あにんつです。

素敵な部屋にしたいけど、どんなカーテンにしたら良いか分からない。というお客様のお声を聞きます。カーテンで部屋のイメージが変わるので、迷いますよね カーテンコールでは、お客様からご要望をお聞き、装飾プランナーの私たちがご提案させて頂きます。いろいろとご相談くださいね

無地カーテン

こんにちは、あにんつです。

無地と言っても、素材や糸の太さ、織り方でいろいろな生地があります。(お店には、他にもたくさんサンプルがありますよ)

同じ色でも、生地のファブリック感でカーテンの表情が変わります。=部屋の雰囲気も変わってきます。なので、無地のカーテンを選ぶ時はファブリック感が大事になってくるのですどんな生地を選べば分からない?そんな時は、ご相談くださいね。窓装飾プランナーの私たちが、いろんなコーディネートをご提案いたします

 

 

いろいろご相談ください

こんにちは、あにんつです。

おしゃれな部屋にしたいけど、どんなカーテンが合うか分からない。

こんな窓には、どんなスタイルのものが良いの?

見た目も大事だけど、機能性も重視したい。

お客様からのいろいろなご質問に、窓装飾プランナーのスタッフがお答えします

いろいろご相談くださいね

 

 

窓装飾プランナーに合格しました!

ぐるぐる@店長です。

先日発表のあった第五回窓装飾プランナー試験にえんじさんが合格し、これで当店スタッフはまた全員が資格保持者となりました!

もちろん資格取得だけでなく、普段からのスキルアップが欠かせません。これからも更に知識を広げ、お客様により良いご提案が出来るようスタッフ全員で精進したいと思います。

今後ともよろしくお願い致します!

マンション内覧会の後にご来店

ぐるぐる@店長です。

 
この土日は午後にご来店されるお客様が続きました。お話をお聞きすると

新築分譲マンションの内覧会があったとのこと。お引き渡しまで約一ヶ月

とのことなのですが、内覧会後に足を延ばしてカーテンの下見にお越し

頂いていたようです(^_^)

 

分譲マンションは窓の幅や高さがまちまちで、既製品が使える窓はあまりなく😓

オーダー品にしないと難しいと思います。

 

当店ではお選び頂いたカーテンサンプルを現地にお持ちし、お部屋に合わせながら

アドバイス&採寸させて頂きますので、自分で採寸してサイズを間違えた…(T_T)とか、

サンプルを見ただけで注文したけど、こんな雰囲気の生地だったなんて…(T_T)

なんてことが防げます。

 

オーダーカーテンはどこで頼んでも返品は出来ません!失敗しない為にも、ぜひ

当店のインテリアコーディネーター・窓装飾プランナーにご相談下さい❗(^o^)/

窓装飾プランナーがいます!

ぐるぐる@店長です。
カーテンコールには窓装飾プランナーが在籍しております (^o^)

   

 

カーテンやブラインド等の多彩なアイテムの中から、お客さまの

ニーズやライフスタイルに合った窓装飾を提案・販売する専門家、

それが窓装飾プランナーです。

窓周りのことならお気軽にご相談下さい!

インテリアセミナーに参加しました

ぐるぐる@店長です。

今日は窓装飾プランナー向けのセミナーがあり、大阪あべの

ハルカスに行ってきました あいにくの天気で展望台は

諦めましたが、同じハルカスにある TOSOさんのショールーム

(26階)からでもこの景色です

   写真 2015-09-03 11 04 27

写真 2015-09-03 11 12 48

ちょっと足がすくみます  

セミナーはさまざまな生地の素材や、生地の種類についての

分かりやすい説明があったり、ちょっとひと工夫の窓周りの

デコレーションについて詳しく紹介されていて、とても参考に

なる内容でした。 全く同じとはいかなくても、ここから自分なりの

工夫ができれば いいなぁと思いました

工場見学に行ってきました

ぐるぐる@店長です。

 

昨日、窓装飾プランナー向けの工場見学に参加してきました!

今までにも何度か開催されていますが、ちょっと日帰りが難しい

ところだったのと、仕事の都合でどうしても行けなかったので

事が一段落した今回、参加してきました。

 

京都にある川島織物セルコンさんの縫製工場と、緞帳や帯などを

作っている大きな工場を見学。

私は縫製作業も担当することがあるので、同じ目線でいろんな作業を

見せて頂きました。当店のような小さな縫製工場と違って大きな

機械を導入されていたり、働く人数も違うので、単純に比較はでき

ませんが、それでもちょっとした気配りなどは同じだなぁと思いながら

作業を見せてもらいました。

 

また、舞台などに納める緞帳など超巨大な作品を作っている工程は

なかなか見られないもので、デザイン画からいろんな色を組み合わせて

細かく色柄を表現したりするその作業の緻密さには驚きました

 

注:撮影禁止なので写真がありません

 

実際に仕上がった商品しか目にしないので、このような現場を見られる

ことは本当に勉強になるなぁと、暑い京都へ出かけて行ったことに

満足しながら帰路につきました。また機会があれば参加したい思って

います!