定番といってもいいかもしれません、丸いモチーフは安心感がありますね。



レースは少しエレガントに、


可愛さのある絵羽のレースです。


シェードの奥にもレースをつけました。
月うさぎ

ぐるぐる@店長です。

 

おととしの年末にレースのシャープシェードをお納めしましたMさまから

「レースだけだと朝日がとっても暑いので何か付けたいです😔」とご相談を

頂きました。

約一年半お住まいになり今年は2度目の夏だったのですが、マンションの東向きの

窓はちょうど庇も何もないところなので、そのまま陽が差し込んできます💦

スッキリ!シャープシェード

最初は遮熱性能の高いものをご希望されていたのですが、そうすると商品が

限られてきてしまいます。

そこまでのものでなくても、普通の遮光生地を付けるだけでも今よりずっと

遮りますよとアドバイスさせて頂き、見た目や操作性も合わせて検討し、遮光生地の

ロールスクリーンをご注文頂きました!

既存のシャープシェードを一度外してちょっと手前に付け直して、その奥に

ロールスクリーンを付けました。

先に付けたシェードと違って作れるサイズに限界があるため、割り方は

違っているのですが、そこはご辛抱頂きました(でなければ3台に割る

ことになってお高くなります)結構暗くなっていますね!

 

工事した後の2~3日はちょっと涼しい日が続いたのですが、晴れた日に

お尋ねしたところ「真夏の状態でないので分からないけど、室温が4度

下がりました」とのこと!4度は大きいですね!

これで来年の夏には快適に過ごして頂けると思います😊

ぐるぐる@店長です。

 

先月末にご来店頂きましたOさま。最初に当店でご購入頂いたのは

平成15年なので、もうかれこれ14年のお付き合いです😄

 

その間にも追加注文やメンテナンスで時折お伺いしておりましたが、先日

数年ぶりにご来店頂きました。

お聞きするとシェードのストッパーの調子が悪く、コードも古いので替えて

欲しいとのこと。本体も外してお持ち頂いておりました。

当店オリジナルだったスペイン製の生地でお作りしたシェードです。

 

店内に在庫しているメンテナンス部品を確認したところ、どちらも手元にあった

のですぐに交換作業をさせて頂くことに👍🏻

別のお客様も来ていたので一時間ほどお時間を頂くようお願いしたところ、Oさまは

じゃあどこかで時間潰してくるわと言ってお出かけ下さいました。

ストッパーは一度交換させて頂いているものでした。見た目にはあまり

異常はなさそうですが、コードは少し堅くなっている感じです。

全部外して交換です✊🏻

 

交換作業はスムーズに進み、一時間もしないうちにお電話すると「もうできたんえ‼

早いなぁ」と喜んで頂きました☺

 

当店でお買い上げの商品はこうして可能な限りいつまでもメンテナンスさせて頂いて

おります✊🏻今回もストッパーとコード代のみを実費で頂戴し約2,000円。作業代は

頂いておりません😌

 

シェード・ブラインド・ロールスクリーンなどのいわゆる「機械モノ」は、いつか

修理やメンテナンスが必要になる可能性があります。ちょっとの修理やメンテナンスで

直るのに、出張費や作業代も合わせて1万2万払うことになってしまうと…😢

そういう時に安心して頂けるよう、当店でご購入のお客様とはずっとこのような

お付き合いをさせて頂いております☺

月うさぎです。

5年前、ご新築された時ににご注文頂いたお客様です。
リビングにある3m弱の広い掃き出し窓にツインシェードをして下さっています。

今回ご来店されたのは、

ツインシェードのドレープ(レースではない厚地のカーテン)部分を操作しようとしてもチェーンが空回りして動かなくなった為です。

念の為、動作の確認をしてみるとやはり💦

シャフトが回っていません

これです。(シェードはお店の展示品)


この棒が回ることでひもが巻き上げられられる仕組みになっているのですが、横に付いているこの部品が壊れたようです。


壊れた部品を分解してみると明らかに違います。


原因はわかりませんがカーテンの面積が大きかったので荷重がかかりすぎたのでしょうか😔

新しい部品に取り替えてまた快適にお使いいただけるようになりました。

こういうこともあるのですね、お客様には大変ご不便をお掛けいたしました。

ぐるぐる@店長です。

 

4月にお納めさせて頂いておりましたTさま邸のリビングのシェードの

ご紹介です。まだ掲載させて頂いていなかったのですが、とても素敵なので

ご覧頂きたいと思います😊

 

お選び頂きました生地は北欧スウェーデンのメーカー「KINNAMARK

(シナマーク)」の「TAHITI」です。

当初考えられていたのとは別に私がお持ちしたのですが、現地で見本を合わせて

見て頂いたところTさまにもお母様にも気に入って頂き採用になりました👍🏻

濃いグリーンの大胆な図柄は遠くから見ても目を引きます。広いリビングの

中でしっかりと存在感を出していますね!

同じ空間には調光ロールスクリーン「FUGA」電動タイプを設置していますが

シンプルな中にアクセントのシェードがあって、お部屋全体も引き締まります。

レースはイギリスのブランド「Villanova」の「AYMARA」コレクションの

レース「Benin Bone」です。96%がリネンという素材なので、ナチュラルな

絵柄のTAHITIとも相性がいいですね💡

畳みあげると柔らかい素材感が出ています。

Tさまやお母様にもとても気に入って頂きました。ありがとうございました!

 

 

平成20年にカーテン工事をさせていただいたお客様から

「シェードのチェーンが切れてしまったので交換お願いします」

とお電話をいただきました

 

シェードの器械に不具合があって引っかかってしまい、無理して引っ張ってしまった結果切れてしまった、という事も考えられましたので詳しくお話しをお聞きしたところ、

「ハムスターがかじってしまいました💦」とのこと。

なるほど、納得です。

 

LINEで送ってくださった画像です。


チェーンは3本、まるでハサミで切ったようです。

お伺いした時の画像です。



スヤスヤお昼寝中でした


交換が終わり気が付いたのは、当時はコードを束ねるクリップが標準で付いていなかった事です。


後日、クリップを3個お届け致しました。

これでもう安心ですよね。

 

月うさぎ

こんにちは、あにんつです。

今日は、刺繍レースのプレーンシェードを紹介します😌 Pure Morris いちご泥棒の刺繍レースです。

繊細な刺繍が上品さをより高めています。
   
 
柄の出し方は、ドレープの柄を見ながらお客様と一緒に相談して決めました。
  

柄のパターンの大きさと窓のサイズがピッタシで綺麗に柄を出す事が出来ました👍

ぐるぐる@店長です。

 

老人施設さまよりご注文頂き、大きな窓にシャープシェードをお付けしました。

南面は幅が273cmととても大きかったため、セパレート仕様に。これは本体の

シェードのメカ部分は一台ですが操作が左右に分けられるので、2台付けている

ように開け閉めできるのです。

一台で開閉できなくはないですが、高さも250cmを超えていてやはり重くなることが

考えられる為、少しのプラス料金で出来るこちらの仕様をお勧めさせて頂きました

画像左側のシェードは二枚に分かれていますが、機械部分は一台です。

 

このようにコーナーで突きつけてツインシェードを作る場合、そのまま何もせず

それぞれ製作すると奥のレースの突き合わせ部分に大きな隙間が空いてしまいます。

それを解消する為、それぞれのシェードのレース部分を少し延ばす「リターン仕様」

にしました!

しかし、発注後メーカーからの連絡で「セパレートタイプにはリターンが付けら

れない」との知らせが

リターンが付けられるのは操作側でない方だけで、操作側には付けられませんとの

こと。ということは左右どちらも操作側となるセパレートタイプはどちらにも付け

られない…

ならばシェード本体ではなく、シェード自体を取り付ける部分にリターンとなるものを

別途付ければいいのでは?!ということで、こうなりました!

ちょっと分かりづらいのですが、リターンが欲しかったところにL型の金具を付け、

それにシェードのリターン部分を止められるようシールタイプのマジックテープを

付けました(向こう側です)

シェードの前幕に隠れるところなのでほとんど目立ちません

レースの隙間はこのくらいに抑えることが出来ました!ここは南面・西面が

上から下までガラス面となっているお部屋で、これからの季節は暑くなることが

予想されるので少しでも隙間は少なくしたいところだったので、うまくおさまり

お年寄りの皆さんにも快適に過ごして頂けそうです

ぐるぐる@店長です。

 

E様邸のご紹介、次はエレベーターホールです。

 

建物の端にあるエレベーターホールは正面玄関とは反対側にあり、主に

ご家族が利用されるところです。

1階、2階、3階にそれぞれ窓があり、1階3階は少し小さめの窓でしたが、

全く違うものを付けるのも…と思いご提案したのがこちら。

小さい窓にはツインシェード、大きい窓にはフラットのバランス(上飾り)と

ドレープ・レースで、それぞれに同じデザインを施して統一感を出しました

 

こちらは1階。

こちらが2階。

そしてこちらが3階です。

 

居住スペースではないところですが、やはりこういうところも手を抜かず

こだわりたいところです

こちらのドレープ・レース生地はタイのブランド「PASAYA」のもの。

お打ち合わせを始めた最初の頃にご提案していた生地の組み合わせを

Eさまはとても気に入って下さり、そのまま採用となったものです。

 

あまり人目にはつかない場所ですがとても気に入って頂けました

ぐるぐる@店長です。

 

カーテンコールはGW期間中も休まず営業致しますが、3日~7日までは

午後5時30分までの短縮営業となっております。

また期間中はスタッフも少なくなりますので、お時間をかけてのお打ち合わせや

ご説明をご希望の方はご予約頂きますようお願い致します。

 

ご予約のない場合、先着のお客様もしくはご予約のお客様よりお打ち合わせ

させて頂きますので、長時間お待ち頂く可能性があります。恐れ入りますが

ご了承ください

皆さまのご来店をお待ちしております!

ぐるぐる@店長です。

 

先日工事にお伺いしたTさまはリビングの調光ロールスクリーン

FUGA(電動タイプ)以外のところにはツインシェードをお選び

頂きました。

お好みをお聞きし、まずはLINEでいろいろな生地の画像をお送りした

ところ、気に入って頂けたのはイギリスのブランド「Villanova」の

ポップなプリント柄。現地へいくつかカタログをお持ちし最終お選び頂いた

のはこちらの生地です

まずは寝室。こちらはコレクション「Mariken」からメインデザインにも

なっているコレクションと同名のドレープ「Mariken」、レースは

「Cosmos Sheer」です。同じコレクションの中では同じカラーで何点かの

生地がコーディネートされているので、当然ながらお色もピッタリ

爽やかなブルーグリーンにライムイエローやグレーといった落ち着いた

色の組み合わせで、派手すぎずかつ存在感のあるシェードになっていま

すね!

ドレープはコットン&リネン、レースはポリエステル&リネンなので

生地の質感もいい感じです

 

続いて来客用のお部屋になる予定のこちら。通路に面した北向きの窓が

一つだけあります。

北向きなのでどうしても暗くなりがちなのですが、こんな華やかでポップな

柄をお選び頂きましたので、お部屋の印象が一変しましたね!

ドレープはコレクション「Makela」から、こちらもメインデザインになって

いる「Makela」。レースはコレクションの中に取り揃えがなかったため、

FEDEから「サンレミ」をお勧めしました。ドレープに使われているイエロー・

グレーのストライプが入っていてぴったり合いました

 

どのお部屋も、ありきたりでない個性的で素敵な空間になりました

インテリアや家具にこだわりのあるTさまには、更に素敵なお部屋にして

頂きたいと思います。ありがとうございました!