こんにちは、あにんつです。

Ilivの生地でセンタークロスを作ります😀
  

柄の出し方と垂れの感じを型紙で確認✌️

良い感じです💕
  

今日は県西部まで打ち合わせに出かけました。

久しぶりに吉野川北岸を上流に向かってはしると


土手はもう一面緑。鳥のさえずりものどかです。


田植えも終わってます。


今日はお天気も良く、吉野川の川面も美しく輝いていました。
月うさぎ

こんにちは、あにんつです。

スタッフみんなで、トレンドセミナー受講の為高松に行って来ました🚗💨

講師のヒデキさんが、「トレンドばかり追いかけても…と言われますが、自分がインテリアを勉強した昔の知識だけではお客様への提案力が低くなります。そうならないよう、私たちはトレンドを勉強しいつもブラッシュアップが必要です。」と、仰ってました。

その通りだな。と、思いました。お客様にいろいろなご提案が出来るようブラッシュアップ、頑張ります💪
  

ご家族でいらっしゃるとほとんどの子供達は直行です。色とりどりのカーペットの効果なんでしょうか。

DVDはご用意しておりますがお気に入りの物がありましたら是非お持ちくださいね。

実は可愛い壁紙には一つ間違いがあるのです。

気づかれた方、そっとスタッフに教えてくださいね。

シェードやロールスクリーンが壊れてご来店いただくお客様が月に何人かいらっしゃいます。

当店でお買い上げいただいたお客様なら資料が残っていますし、どこのメーカーだったのか見当がつき素早い対応ができます。また、アフターサービスの一貫ですから簡単な作業で直るものであれば基本的には作業代も頂戴しておりません(部品代はご負担いただく場合があります)

しかし当店で取り付けていない商品は、どこのメーカーのものか、どんな仕様か確認して特定する作業にもかなりの時間がかかり、中にはどこのメーカーか結局分からない場合もあるので、申し訳ありませんが他店でご購入された商品のメンテナンスは現在お断りしております。ご了承ください。

ご新築された時の窓周り商品のメンテナンスが必要になってくるのはだいたい10年先位です。その時にも変わらずお客様をお迎えできるお店でありたいと願っています。
月うさぎ

ぐるぐる@店長です。

 

ベルリンでは展示会視察はちょっと休憩し、主に観光を楽しみました。

ブランデンブルク門や保存されているベルリンの壁、ベルリン市内を

少し歩いてベルリン大聖堂などを見学。

様々な歴史の瞬間をみてきたブランデンブルク門

 

ベルリン大聖堂

 

保存されている壁。壁は一枚でなく二枚で構成されていて(二重になっていた)

反対側の壁までは数十メートルあったそうなので、簡単には向こうの壁までたどり

着けません。壁と壁の間は塔を建てて見張り地帯となり、脱走する人は地雷・犬・

車で阻止されて捕まってしまいました。

この壁の落書きは二重になっている壁の内側に書かれているものなので、もちろん

当時のものではないそうです(見張りがいた内側に書くことは出来ない)

 

そして残っている壁で有名なのはこれですね。ホーネッカーとブレジネフが

キスをしているところ。ここには世界の芸術家が書いた絵がズラリと並んで

います。

ベルリン市内観光を終えた後は足を延ばしてデッサウへ。ここには

あのバウハウスがあります!

 

写真でしかみたことがなかったバウハウス。感激です

スケジュールの都合でとっても短い滞在時間だったため、中をあちこち

見て回ることが出来なかったのですが、ちょっと感心したのはこちら。

お手洗いの中なのですが、全て壁にスッキリ収納されています。

(他のところではペーパーホルダーやブラシも外に出ている)

便器の後ろにある流すボタンも含め、全て統一されたデザインです。

 

そして今度は手を洗おうとすると…

これ、お手洗いの水洗金具です。使い方が全く分かりません(笑)

私より先に手を洗おうとしていた白人の老夫婦もキョロキョロしたり

左右の棒を握ったり(笑)

正しい使い方は鏡に記されています。中心の先っちょから水が出て、

左右の棒の下に手を入れると風が出ます。ダイソン社製です。

 

細かなところもキチンとデザインされていて、日本とはやはり少し

違うな~と感心したのでした

月うさぎです。

お買い上げいただいてまだ5年もたたないレースでした。

シワが気になったので、スチームをかけた後両側をつかんでシワをのばされたそうです。

すると


こんな風になってしまったそうです。

裂けたのはヒダの谷の部分です。ちょうど折り目がついている所ですよね。

レースは繊細な生地なので使われている場所、使う頻度によって劣化の度合いが大きく変わります。通常であれば10年程は大丈夫だったりするのです。

裂けたお客様のレースはきれいに修繕させていただきました。

ぐるぐる@店長です。

 

窓装飾プランナーのステッカー。お店の入口にも貼っているのですが

ふと思いつき、追加で注文。

 

車のリアガラスに貼ってみました!!

走りながらアピールしたいと思います

ぐるぐる@店長です。

 

ハイムテキスタイルの視察を終え、空路ベルリンへ入りました。

ルフトハンザ航空で一時間ほどの道のり。機内ではドリンクサービスも

あったので、せっかくだからとビールで機内でのおやつはキットカット

でした。

ベルリン空港に到着。寒い寒いと聞かされていましたが、私が行った

時には少し寒さがゆるんで雨になっていました。

 

ベルリンに到着後、ホテル近くのお店に食事に出かけました。

その道中で見かけたのがこちら。

青信号の人型、「アンペルマン」と呼ばれています。

旧東ドイツで使われていたもの(西ドイツにはなかった)です。ベルリンの壁

崩壊後には西ドイツの信号機が使われるようになった為、一時は消滅しかけた

アンペルマン。しかしアンペルマンの生みの親や若手デザイナーの尽力で再び

採用されることになり、今ではベルリンのほとんどの信号がこのアンペルマンの

デザインになっているそうなのです。

 

でも、街中をバスで走っていると元ベルリンの壁があったところを行ったり来たり

するのですが(路面に壁のあったところが残っています)そうすると信号機も

アンペルマンのものになったり、そうでないものになったり、くるくる変わります

これが壁の跡。道路を走るとこれを超えたりまた戻ったりします。

 

アンペルマンは様々なグッズも販売されていて、私も視察の合間の

自由時間にちょっとお土産を購入アンペルマンはシンプルでいて

とてもオシャレな可愛いデザインです

 

この後は楽しみにしていたバウハウス訪問についてです!

月うさぎです。

今シーズンの冬はいつもに比べて寒い気がするのですが…

氷こそはっていなかったものの

うっすら雪化粧でしたねー

 

ワイパーを動かしてしまったのでこんな風になりましたが
北向きにある駐車場でしっかり雪が積もっていました

寒かったよね。

こんにちは、あにんつです。

先日、来店されたお客様は二度目のご来店でした。前回、お話をいろいろお聞きしたのですがお部屋のイメージをどのようなものにしたいか迷われているようでした。

そこで、お部屋のイメージ作りの参考にインターネット検索で好きなインテリアの画像を保存する事をお勧めしました。そうすると、どのような部屋にしたいかイメージができ、全体のインテリアの調和も考えやすくなるのです😀

カーテンをお選び頂く時も、お好きなインテリア画像が参考になりますよ👍

月うさぎです。
ご夫婦、お子様2人のご家族でご来店いただきました。

男の子2人、お兄ちゃんは2年生くらいでしょうか、弟君はまだ年中さんくらいの元気な兄弟です。

こんな時キッズコーナーは大活躍します。

ただ、少し話が長くなってくると2人ともちょっと集中が切れてきたのか、弟君はお店の中でヒーローになりきって動き回り始めました。

でも❗️さすがお兄ちゃんは違いました。キッズコーナーにあるこれを使って、

お父さんに再生してもらいます。

すると…

「あ、と、な、ん、ぷ、ん、か、か、り、ま、す、か」 って!

可笑しいやら感心するやら。子供の発想力はホントに無限です。

何だか幸せな気持ちになりました。ステキなご家族に感謝です。ありがとうございました。