こんにちは、あにんつです。

先日乗った高速バスのカーテンをチェック☝️
タッセルをこのように房かけで留めていました。
  

普通に掛けていると無くなるから、こんなにしているんでしょうか?

確かに、これだと無くなりませんよね😀

ぐるぐる@店長です。

 

約一ヶ月ほど前のことですが、ブログに書き忘れていたので😅

7月末に開催された、窓装飾プランナー向けの工場見学に行ってきました!

場所は愛知県尾張一宮市です。

午前中はジャカード生地を織っている工場へお伺い。大きな機械でガチャンガチャンと

織られていきます。3m幅のレースも織る事が出来る大きな機械もありました。

普段は出来上がった生地しか見ていないですが、ふむふむなるほどと頭の中で

イメージが合体していきます。

注:工場内は撮影禁止なので写真がありません

 

午後は大きな染色工場へ。工場内はとっても暑く、作業が大変そうです💦

そちらでも色々な用途の生地(カーテンだけでなく車のシートなど)が

染めたり表面に凹凸をつけたりと色んな加工がされていました。

 

普段このような工場を見る機会はないのでとても有意義な見学でした!

最後に尾張一宮駅の画像だけ…ちょうど七夕まつりだったそうで、キレイに

飾り付けられていました。また他の工場見学にも参加したいと思います😄

月うさぎです。

新築のお家のキッチンにこういう窓がありました。



はじめはロールスクリーンをつける予定でした。ただ窓の高さが枠の上から下まで28センチしかないのに、ロールスクリーン上部の巻き取り部分が5センチあるので常にちょっと頭部分が重たく、暗く見えてしまいそうでした。

そこでリビングのレースカーテンを作った残り布でギャザーカフェカーテンを作る事にしました。

カーテンの生地巾とカーテンの仕上がりサイズによっては残り布がたくさん出る場合がありますが、メーカーに縫製を依頼した場合 残った布が返ってくる事はほとんどありません。ですがカーテンコールには縫製工場がありますので生地を有効に使う事ができるのです。

しかも今回は丈が短いので十分な大きさを確保できました。

突っ張り棒はお客様に用意していただき、布だけをお渡ししました。

で、お客様が送ってくださった完成写真です
気に入っていただけたようでひと安心です。

こんにちは、あにんつです。
夕方の強い日差し除けの為に、すだれを付けました。軒下屋外兼用すだれです。防カビ加工をしています。

   

 

コード式の巻き上げです。

取り外しも簡単なので、使用しない間は取り外して

保管できますよ😀
  

道側から見ても、上品な感じです💕

  
 

昨日は長い台風でしたね。皆様は大丈夫でしたでしょうか?

お店は臨時休業しておりましたがスタッフは倉庫の片付けをしておりました。

大盛況のうちに終了しましたハギレセールの後片付けです。皆様にお待ちいただいていますのであまり間隔をあけずにまた開催できればという思いから、次に出しやすいように整理しました❗️

いつとはお約束できませんが、たのしみにまっていてくださいね。
月うさぎ。

こんにちは、あにんつです。

Ilivの生地でのテーブルランナーです。
   
中央には、サンゲツのキータッセルを付けました。
  

 

こんにちは、あにんつです。

窓装飾プランナー産地工場見学会に参加し、川島セルコン縫製工場と

カーテン生地工場を見学して来ました。

縫製工場ではカーテンが出来る流れを見学し、その一つひとつの

工程の中でどのようにしてより綺麗に仕上げていくかの説明を受けました。

カーテン生地工場では、糸→染色→織り→カーテン生地が出来るまで

の工程を見学しました。大部分が機械化されていますが、染色や織りでは

職人の方が作業をされていました。機械でも職人の技術に勝る事が出来ない

ようです。職人魂ですね。

今回、カーテンがどのように出来ていくかを糸から見る事が出来て大変勉強

になりました。お客様へのご提案に活かしていこうと思っています😌

月うさぎです。

前回のブログに書かせていただいた平成12年にご注文頂いたお客様です。

破れたレースカーテンを新しい物に取り替えさせて頂きました。

国内メーカーのカタログはだいたい3年ほどで新しくなります。継続される商品もありますが廃番になっていくものもたくさんあるのです。

幸いお客様のレースはボイルレースという、定番の商品。今でも広く愛用され、もちろんサンゲツのカタログにもありました。

色も少しベージュが入った様なナチュラルなお色です。



長く使っていると見えないところに黒カビが発生していたり、紫外線で生地もゴワついて破れやすくなってきます。

今回、破れたところだけではなくLDK全て取り替える、という選択は良かったのではないでしょうか。

お部屋全体が明るくなりました。

応接室とリビングの3ヶ所のレースが破れたので掛け替えお願いします、とお電話がありました。

前と同じ様なものでいいです、というわけで昔の資料を調べてみましたが、当然ながら今では存在しない品番となっていました。

どちらにしても、今レースがついている状態も確かめなくてはいけませんのでお伺いいたしました。

幸いレースは一般的なボイルというものでしたので同じものがご用意できます。

採寸していると、一ヶ所


こういう状態でした。

本来なら


こうあるべきところ、


カーテンをかけるフックが抜け落ちてしまい


この様にして使っておられました。

レースのレールもキャップが壊れており、それも紐で代用しておられました。

早速車に積んであった新しいキャップに取り替え、色は少し違ったのですがリングランナーも取り替えさせていただきました。

いつからこの様になったのかはわかりませんが随分ご不便をお掛けしたのではないかと思います。

カーテンは長いお付き合いになります。たくさんお店がある中から当店を選んでくださった大事なお客様に少しでも快適に過ごして頂きたいと思っておりますので困ったことがありましたら先ずはお電話ください。

月うさぎ

ぐるぐる@店長です。

 

先日納品にお伺いしましたMさま。カーテンの工事の際にふとMさまが

「ここの出窓のところもうっかり鉢植えの水を溢れさせてしまって、すぐに

気が付かないものだから随分傷んでしまってねー」と言われました。和室の

出窓部分です。

普段はこのような状態で、レースの敷物を敷いておられますが…

取ると、

塗装も剥がれカサカサしてしまっています😢奥の窓枠部分も雨が

降り込んだりして色褪せや傷みが見られます。

 

この状態で塗装をし直したり板を変えたりはとても大変な作業になるので、

木目のシート貼りをご提案しました!

 

昨日朝から工事開始!

凹凸があまり見られなかったので大掛かりな下地処理もなく、昼前には

作業が終わりました!

こんなにキレイになりました!!

天板の部分とその奥の窓枠部分、さらに窓枠の縦方向のみ貼りましたが…

この画像の縦方向はシート貼りですが天井部分は貼っていません。

Mさまも「色もよく合ってるからパッと見ここがシートっていうのが

分からないね!」と喜んで下さいました😊

 

木目や色を合わせる場合、カタログに掲載されている小さな見本ではなかなか

選びにくいので、Mさまにはお手数だったのですが大きめのサンプルをお送りし

二度ほどご確認頂いたのですが、その甲斐あってとても色の近いシートで施工する

ことが出来ました!これでお水がこぼれても安心です👍🏻

4月に取り付けが完了したお客様です。

プリーツスクリーンが上まで上がらなくなったとお電話頂きました。

お近くでしたので直ぐにお伺いして何度か上げ下げしたら問題なくなりました😊


取り付けさせていただいたのは「モルザ」という国内メーカーのプリーツスクリーンです。

コード式の操作でスクリーンを上げる時は真下に引き下げるのですが少し手前に引いてしまうとロックがかかり上がりきりません

取り付けた場所が地窓で少し奥まったところについているので少し操作がしにくかったのかもしれないですね。


不具合がなくて本当に良かったです。
月うさぎ