引き戸を外してロールスクリーンで間仕切り

ぐるぐる@店長です。

2年前にウイリアム・モリスのカーテンをご注文頂きましたMさまが再度来店下さいました

お聞きすると、ダイニングにはあまり日が当たらないので隣の部屋からの光を取り込みたいけど、間に引き戸があって半分しか開口部分が取れず、引き戸を外して何かつけたい、とのことなのです。

カーテンではモッサリしてしまうし寄せていても塊が残るので、上げ下げするスクリーンタイプの方がご希望とのこと。

現在、各メーカーのロールスクリーンのカタログに掲載しているシースルー生地はあまり種類は多くなく、その中でも透け感のあるものが多いのでサンプルを見られましたがあまり気に入るものがありません

そこで私がお勧めしたのは、柄もありながらところどころ透け感のあるタチカワブラインドの「ビアンカ」です!

光にかざして見て頂いたところ、奥様にとっても気に入って頂き「これにします!」と即決後日現地へ採寸にお伺いしました

 

一台でもお作り出来る幅だったのですが、2台に分けたいというご希望でしたので、先日のSさま邸のように大きさを変えてお付けすることをご提案。こちらも採用頂きましたそうすることで、半々にするより少しお安くなるというメリットも

完成したところがこちらです!こちらは窓のある隣の部屋から撮ったところです。隙間に関しては事前に細かな寸法をお伝えしてご了解頂きました。細い方が出入りする側です。

ダイニング側から見るとこんな感じです。

光も入り、向こうに人がいるのも分かります。何より、全くの無地より柄がある方が華やかな印象もあっていいですよね

Mさまご夫妻にも気に頂けたようで嬉しいですまたお悩みの際はご相談頂きたいと思います。ありがとうございました!