後付け簡易裏地

ぐるぐる@店長です。

カーテンには裏地を付けられるのをご存じでしょうか?

裏地を付けると保温性・断熱性がUPしたり、カーテン自体も傷みにくくなったり、何より よいお仕立てで見た目もなど、メリットはあるのですが、金額も高くなってしまう為ご希望されていてもご予算的に合わないこともしばしばです。

マンション7階にお住まいで、東側の窓がこの時期暑い!とご相談を頂きましたTさま。5月にお伺いした時はシェードの奥に遮光のロールスクリーンを追加し、そちらは大変好評だったのですが、その数日後に再びお電話を頂いたのです。

何か不具合でもあったのかな??と思ったら「南側の掃出し窓のカーテンにだけでも遮光の裏地を付けたい。東側がスクリーンのおかげで暗くなったので、逆に南側の明るいのが朝 気になって」とのこと。

実は前回お伺いした時に「シェードには無理だけどカーテンには後から付けられる簡易裏地があるんですよ」とお話してあったのを覚えていらしたのです。Tさまも柄が気に入ってこのカーテンを選ばれたそうなのですが、こんなに光が入るとは思わなくて…と。以前のお住まいは日当たりがとても悪かったため、引っ越した時は日当たりがよくて喜んだけど、夏になってこんなに日当たりのことで悩むとは思わなかったとおっしゃっておられました

一度仕立てたカーテンをキチンとした裏地付に再加工するのはかなり大変なのですが、簡易裏地なら簡単に取付けられます

早速遮光の裏地で手配しました!先にお使いのカーテンは色も淡く、裏側が黒い裏地だと透ける可能性があります(黒い下着が透けるような感じ)お選びしたのは白くバックコーティングされた完全遮光の裏地。これなら色が透ける心配はありません

片方にだけ付けた状態で撮影してみました。違いは歴然ですね!

これなら夜明けの早い今の時期でも大丈夫Tさまにも大変喜んで頂きました!ありがとうございました!