ぐるぐる@店長です。

 

先月に納品が完了しているSさま邸なのですが、私がリフォームの現場

などで今月バタバタしていてゆっくりご紹介する時間がなかったので

今日から続けてご紹介します!

まずは応接室ですよ

 

Sさまのお宅には立派な応接室があって、そちらのソファも同時に張り替えた

のは先日ご紹介したのですが、Sさまはソファとの兼ね合いも考えながら

カーテン選びをされていらっしゃいました。

そして最終的にたどり着いたのは「椅子の張り地と同じ生地で上飾りを

作って統一したい」とのお答えでした

 

生地は超高級ブランドZimmer+Rohdeのコレクション「Ardecora」から

Eventoをお選び頂きました。とても上品なこの生地は椅子張りにもなるくらい

重厚なカットベルベットで、上飾りにするにはデザインが限られます。

しかもメインの窓はカーブ面に4連というデザイン。別の壁面には同じくらいの

サイズの窓がさらに2つあります。

 

実際のレール工事のことや生地の種類、開閉する時の使い勝手、単体の窓の

方とのデザインの兼ね合い、また最終的な見た目のことも考え、スケッチを

いくつかお出ししてお決め頂いたスタイルがこちらです

窓と窓の間がそう広くないため上飾りは一枚で仕上げましたが、中の

レールはそれぞれ別々に付けています(片開きが4窓)

見た目のバランスを考え それぞれ外側にカーテンを寄せるスタイルにしたの

ですが、寄せた方から内開きの網戸が開く状態になるので(図面ではカーテンを

寄せない方から開くようになっていたのですが…)左右両方にマグネット

ランナーを入れ、どちらからでも開けられるようにしました

ドレープはこちらもハイブランド、スイスのクリスチャン・フィッシュバッハ

(フィスバ)のベルベット「Ventura」です。タッセルはManas-Texのソワレ、

レースは当店オリジナルのトルコ製レース。とっても豪華なゴールドの刺繍が

お部屋に嫌みの無いゴージャス感をプラスしていますね

 

左側の単独の窓二つは同じデザインでこのようになりましたよ

ソファともぴったりコーディネート出来て、お若くオシャレなSさまらしい

応接室に仕上がりました

次回は寝室をご紹介します!

Comments are closed.

Post Navigation