ぐるぐる@店長です。

 

今でも時々お客様のところにお伺いするとよく見るレールに、TOSOの「ローレット」

があります。装飾レールが出始めた時に発売されていたので、当時は最先端だったの

でしょうね🌟

当社の倉庫にも昔の古いローレットがあって、今はちょっと見られないゴールド

なんかもありました。プラスチック感満載でしたが😅

 

お伺いしたNさまには以前にもご注文頂いているのですが、今回は広縁のカーテン

レールをダブルにしてカーテンとレース両方を掛けたいとのご希望でした。

拝見したところレールはローレットです。当時のレールはポール自体に溝がたくさんあり、

オシャレさを追求したデザインだったと思うのですが、この溝に埃がたまって掃除が

しづらい😱その後このギザギザポールはなくなったのでした…。

下地がないからなのか窓枠につけてありました。建築当時からカーテンは一重で、広縁や

廊下によく使われていたケースメント(カーテンとレースの間くらいのざっくりしたもの)

一枚のみでした。東向きのため朝は陽が差してとても暑いとのことで、今回二重吊りを

ご希望されました。

 

今でもローレットの流れをくむものはあるので、そちらのダブル付けブラケット(取付金具)

を取り寄せ、レース用のレールとブラケットも同時にご用意することに。

 

レールの種類によっては代用出来る部品がなく、このような工事が難しい場合がありますが

ポールの直径が今も変わっていないレールは割と代用が出来るので、お悩みの方は一度

ご相談下さいね!